更年期障害 生理 妊娠

更年期障害・生理・妊娠と女性特有の症状

PMSの漢方薬・市販薬・ピルとPMS薬の副作用

読了までの目安時間:約 5分

生理前になると、PMSに悩む女性は約8割といわれています。
腹痛や頭痛だけでなく、うつ気味やイライラといった精神的な症状が現れる場合もあります。
PMSの知識がない人にとっては、「毎月この時期はさぼっている」と誤解を与えてしまいます。
PMSのつらいところは、自身だけでなく周りの人にも影響が出てしまうところです。

Q:PMSを抑える薬はありますか?
A:現在はPMSの研究が進み、婦人科や市販でも薬が販売されています。
しかし、PMSの症状は複数ある為、一つの薬ですべてが治まるということではありません。

Q:PMSの薬に副作用はありますか?
A:PMSの症状は一つではありません。
その為、一度に複数種類の薬を飲む場合もあります。
特に、痛み止めや向精神薬といった場合、眠気や発疹と発症する場合もあります。

1.漢方 PMS 薬
漢方では、体の不調は身体の流れが滞ったことに原因があると考えられています。
代謝や解毒、排泄が滞ると体がむくみ、気の流れも悪くなる為、心も不調となります。
漢方では解毒や排泄の作用がつよく、副作用も少ないため体の負担は少なく済みます。

ただし、漢方はすべての症状を緩和するわけではありません。
漢方の力を効果的に発揮するためには、日常から養生法を取り入れましょう。

2.副作用 PMS 薬
辛いPMS症状を緩和する方法の一つに、薬の服用があります。
ただし、薬の副作用に悩まされる事もあります。

PMSの主な薬は、大きく分けて「痛み止め」と「向精神薬」です。

痛み止めは頭痛や腰痛、腹痛の痛みを和らげてくれます。
しかし、作用の強さから胃が荒れてしまいやすくなります。
その為、病院では強い痛みどめと合わせて、胃薬を処方される場合があります。

また、イライラや不安感、孤独感を抑えてくれる「向精神薬」にも副作用はあります。
脳内の物質を調整してくれる薬ですが、副作用として「眠気」や「喉の渇き」があります。
その為、運転や機械作業の際には、最新の注意が必要です。

他にも、からだのかゆみやのぼせといった副作用もあります。
これらの作用も踏まえたうえで、薬を服用しましょう。

3.値段 PMS 薬
PMSの治療薬は様々ありますが、費用はどのくらいかかるのでしょうか。

一般的な婦人科の治療薬として、ピルが処方されることがあります。
ピルは1ヶ月2,000~3,000円ですが、病院によって費用に差があります。

利尿薬やホルモン剤の場合、3,000~13,000円と大きく差が現れます。

4.市販 PMS 薬
今は市販でも、PMSの治療薬は入手することができます。
日頃から、頭痛や生理痛に悩まされている方は、痛みどめを常備していると思われます。

しかし、市販薬の場合、効果が強く出過ぎない為に抑えて作られています。
また、強い効果の薬の場合、副作用が現れます。

副作用の対処も含め、PMSは専門医で処方してもらうと良いでしょう。

5.ピル PMS 薬
婦人科でPMSの処方をされた場合、ほとんどの方が低用量ピルを勧められるでしょう。
しかし、ピルは避妊薬という認識が多いと思われます。
なぜ、ピルはPMSに効果的といわれるのでしょうか。

ピルはホルモンバランスを整える作用があります。
黄体ホルモンの影響と思われるPMSの場合、ピルは効果的といわれています。

毎日欠かさず服用しなければなりませんが、PMSの緩和のために習慣づけましょう。

<<PMSの薬は上手に服用しましょう>>
PMSの症状の辛さは、年齢や個人によって違いがあります。
薬によっては副作用が強く現れるものや、毎日の服用が必要とするものもあります。

緊急時には市販薬を利用する事も必要ですが、専門医に処方してもらう事が一番安心ですね。

 

タグ :       

PMS・生理前症候群 市販薬・漢方薬   コメント:0

PMS症状・期間チェック ひどいPMS症状と妊娠初期の不安感

読了までの目安時間:約 5分

生理前になると、日常とは違う症状が出るという方が多いのではないでしょうか。
これはPMS(プレメンストラル・シンドローム)という、婦人病の一つです。
もし、日常生活に支障を及ぼすほどの症状が出た場合は、PMSの可能性を考えてみてください。

Q:どの程度になるとPMSとなるのですか。
A:生理前の不調は、生理のある女性の9割が感じています。
その為、PMSの判断は難しいものです。
日常生活に支障が出てくるようになったら、医師の判断を仰ぎましょう。

Q:PMSの原因はなんでしょうか。
A:PMSが起こる原因は、不明な点が多くあり、現在も研究がすすめられています。
なぜなら、症状に個人差が多々あり、150以上もの症状があるからです。
ただし、数多くある症状の中でも、黄体ホルモンの影響が有力な説です。

1.チェック PMS 症状
月経前になると、心や体の不調は現れやすくなります。
インターネットでは、簡単にタイプチェックできるサイトがあります。

・体のトラブルが多いタイプ
黄体ホルモンの影響により、むくみや便秘といった症状は現れやすくなります。
これは身体の中の流れが停滞しているので、循環させることを心がけましょう。

・心のトラブルが多いタイプ
ホルモンバランスが崩れることにより、脳や精神状態も不安定になります。
気分転換できる時間をつくるようにし、辛いときは肩の力を抜くようにしましょう。

・行動のトラブルが多いタイプ
このタイプのつらい面は、職場や家族、パートナーに影響を与えてしまうことです。
これらの行動が出てしまった後に、自己嫌悪に陥ってしまった方も多いのではないでしょうか。

なるべくスケジュールを詰め込まず、ゆとりのある生活を送るようにしましょう。
また、周りの人に理解してもらえるよう、一言伝えておくと良いですね。

生理前に現れやすい症状を把握しておき、上手に付き合うと良いですね。

2.ひどい PMS 症状
PMSは生理前に現れる心や体の症状ですが、ひどくなると日常生活に支障が出てしまいます。
心や体といった症状もさることながら、周りの人や仕事に支障が出てしまうこともあります。

また、PMSは一過性のものではなく、毎月訪れます。
つまり、PMSは周りの人の協力や理解が必要なのです。

一人で我慢するのではなく、遠慮なく助けを求めると良いですね。

3.期間 PMS 症状
PMSの特徴は、月経が始まる3~10日間の黄体ホルモンが活発になる期間に現れます。
症状や期間には個人差がありますが、月経が始まると収まるのが特徴です。

4.妊娠初期 PMS 症状
個人差はありますが、PMSと妊娠初期の症状はとてもよく似ています。
腹痛や頭痛、吐き気がひどいが、妊娠していたらとおもうと薬も飲めません。

一番いいのは病院を受診することですが、忙しくて病院へ行けないという方もいます。
その場合、判断の基準となるのが体温と妊娠検査薬です。

PMSは月経がくると症状が治まるため、体温が低温期にはいります。
しかし、妊娠の場合は高温期続きます。

黄体期を過ぎ、高温期が続く場合は妊娠検査薬を試してみましょう。

5.不安感 PMS 症状
PMSの症状うち、不安感を感じる女性が多くあります。

これは黄体ホルモンにより、セロトニンという脳内物質が不足するためです。
この物質が不足すると、孤独感や不安感といった気持ちにさせます。

また、このセロトニンが減少することにより、睡眠不足やうつのような状態を作り出します。
決して原因もなく、不安感や孤独感が訪れるのではありません。
上手に付き合うよう、自分に合った対処法を見つけましょう。

<<PMS症状と付き合うために>>
PMS発症の期間は限られていますが、とても辛いものです。
特に20代~40代の女性は、仕事や家事に支障が出てしまいます。
場合によっては、まわりの協力が必要となります。

なにより、我慢や無理は悪影響となります。
上手に向き合う方法を見つけましょう。

 

タグ :      

PMS・生理前症候群   コメント:0

PMS症状とむくみ・胃痛・腹痛・便秘・イライラの症状

読了までの目安時間:約 4分

PMSという言葉をご存知でしょうか。

PMSは「プレ・メンストラル・シンドローム」といい、月経前緊張症または生理前症候群の事を指します。
言葉の通り、生理前に起こる心と体の不調の事をいい、重い病気のように感じられます。
しかし、PMSは気づかないうちに、あなたの身に起こっている病気なのです。

Q:PMSとはなんですか?
A:PMSとは、月経前に起こる体の不調の事を指します。
これは黄体期のホルモンによる影響ですが、日常生活に支障を来してしまいます。

Q:PMSとはどんな症状ですか?
A:PMSは、体と心の不調の事です。
体の不調としては頭痛、腰痛、下痢、吐き気、めまい、むくみ、胃痛といった症状です。
心の不調としてはイライラ、うつ状態、不安感といった症状です。
しかし、これらの症状には個人差があり、感じ方に違いはあります。
その為、まったく同じ症状が当てはまるとは限りません。

Q:PMSのボーダーラインは?
生理前の不調は、約9割の女性が感じるといわれています。
しかし、仕事や家事が思うように行えないといった、日常生活に支障が出る場合はPMSと診断されます。

1、むくみ PMS症状
生理前になると、体のむくみを感じる方も多いでしょう。
では、このむくみはなぜ起こるのでしょうか。

黄体期になると、黄体ホルモンが分泌されます。
この黄体ホルモンは、子宮内膜を厚くし、体温を上昇させます。
つまり、妊娠の準備を行うのです。
黄体ホルモンの分泌により、ホルモンバランスが崩れPMS症状が現れます。

また、この黄体ホルモンは水分を蓄える作用があります。
ホルモンバランスが崩れると体の代謝が悪くなる上、この黄体ホルモンの作用により、むくみが起こります。

2、胃痛 PMS症状
生理前の症状として、体のむくみや子宮の痛みがあげられますが、じつは胃痛もPMS症状の一つなのです。
月経の時、子宮を収縮させる「プロスタグランディン」というホルモンが分泌されます。

このホルモンは子宮だけでなく、臓器も収縮させる働きがあります。
その為、子宮に近い腸や胃が収縮され、胃痛・吐き気といった症状が現れるのです。

3、腹痛 PMS症状
PMS症状の一つに、下腹部の痛みがあげられます。
子宮を収縮させるホルモンが分泌されるのですが、腸、胃といった子宮に近い臓器にも影響されてしまいます。
その為、下腹部全体に重い痛みを感じるのです。

4、便秘 PMS症状
生理前になると、ひどい便秘に悩まされるという方もいるのではないでしょうか。
じつは、これもPMS症状の一つです。
黄体ホルモンは水分を溜める作用がありますが、このときに腸内の水分を奪ってしまうのです。
その為、腸内の便が固くなり、便秘になるといわれています。

5、イライラ PMS症状
月経前は黄体ホルモンの影響により、セロトニンが低下します。
このセロトニンは、体内の血糖値を一定に保つ働きがあります。
この物質が低下することにより、脳の働きが弱まるのです。
生理前のイライラやうつ状態は、これが起因しているのではないかと考えられています。
また、ホルモンバランスが崩れることによって、一層症状が悪化することもあります。

<<おかしいと感じたら婦人科へ>>
生理のある約9割の女性が、生理前に心や体の不調を感じます。
しかし、症状の現れ方は人それぞれ違います。
中には、気付かずに重い婦人病を患っていたという場合もあります。
毎月の事と我慢せず、日常生活に支障が出るという方は、婦人科を受診しましょう。

 

タグ :      

PMS・生理前症候群   コメント:0

頭痛と吐き気と目の痛み・腹痛・貧血

読了までの目安時間:約 5分

車の運転中や大事な会議の前など、なぜ今…という時に限って襲ってくる辛い頭の痛み。吐き気や腹痛、目の痛みを伴うような激しい痛みの場合には、しばらく休まないと体を動かせないような状態になってしまう人もおられます。痛みの原因は様々なものがあり、環境的なものやストレス、病気などが要因になっていることもあるようです。

 

Q:頭痛はどのようにして起こるのですか?

A:緊張型の場合は、ストレスや筋肉の凝り固まりによって血流が悪くなり、頭の血管を圧迫して起こります。片頭痛の場合はその反対で、頭の血管が拡張することによって周囲の神経を圧迫することによって起こります。

 

Q:子供の頭痛にはどのような原因がありますか?

A:子供の頭の痛みには、発熱や蓄膿症、中耳炎や眼精疲労、そして精神的なストレスが原因のものもあるようです。頭が痛くても、まだ幼くてどのような症状があるのか自分で説明ができない子供は、親御さんが症状を見極めてあげることが大切です。

 

Q:貧血と頭痛の関係は?

A:貧血は、ホワイトアウトと呼ばれるような一時的に意識がなくなってしまう状態や、腹痛、激しい頭痛を起こすことがあります。疲れがとれない、眠気がとれないような状態が続く時には貧血の可能性もあります。ひどい貧血の場合は、医師から処方された鉄剤などの薬を摂取して対策を取るようにしましょう。

 

  1. 目の痛み 頭痛 吐き気

目の奥が差し込むように痛くなるのは群発頭痛と呼ばれるタイプに多いようです。とくに目の痛みを伴うものの場合には危険度が高い可能性があります。また、吐き気を伴う頭痛も脳卒中である可能性がありますから、どちらもすぐに医師に相談するようにしましょう。

 

  1. 薬 頭痛 吐き気

吐き気を伴う頭痛は、吐き気止めか鎮痛剤かどちらの薬を飲んだらよいのか迷いますよね。医者に行くにしてもまずは痛みを抑えないことには動くことができませんから、迷う時には先に鎮痛剤を飲むようにしましょう。今まで経験した事のないような痛みの場合には、すぐに医師の診断を仰ぐ事が大切です。

  1. 腹痛 頭痛 吐き気
    吐き気と嘔吐、頭の痛みが同時に起こる場合に考えられるのが、片頭痛や緑内障、脳腫瘍やくも膜下出血です。とくに、くも膜下出血の場合には、頭を殴られたような激しい痛みが起こるのが特徴です。くも膜下は50歳以上の方に頻発し、男性よりも女性の方が2倍多いとされていますから、普段から注意をするようにしたいですね。

 

  1. 子供 頭痛 吐き気

子供が頭の痛みや吐き気を訴える場合には、片頭痛や風邪やウィルスによる発熱、中耳炎や髄膜炎、鼻腔炎などの場合もありますから、担当の小児科医に相談をして該当する医科に相談するようにしましょう。まだ小さい子供の場合には、ただ泣くだけでどこが痛いのかわからない時もありますから、吐き気や熱がないか、食欲はどうか、下痢はしていないかなど、親御さんがチェックをしてあげましょう。

 

  1. 貧血 頭痛 吐き気

とくに女性に多い貧血は、強い眠気や倦怠感、頭の痛み、吐き気などの症状が表れ、ひどい時には意識を失って倒れてしまう場合もあります。車の運転などをされる方は、運転中に症状を感じたらすぐに路肩に車を止めて少し休憩をし、甘いチョコレートなどを口にして症状が落ち着くまで体を休めるようにしましょう。

 

<< ただの頭痛だと軽視しない>>

風邪をひいた時、人ごみの多い場所に出かけた時など日常的に頭が痛くなる事は多いですよね。しかし、中には大きな病気の兆候である場合もありますから、いつもと違う痛みには充分に注意を払うようにしましょう。また、お子さんの場合には、親御さんが体調をチェックしてあげていつもと違うサインに早めに気づいてあげるようにしたいですね。

 

タグ :      

頭痛   コメント:0

頭痛 吐き気の原因と対策

読了までの目安時間:約 5分

仕事や家事が手につかなくなるなど、頻繁に起こるけれども、意外と厄介なのが頭の痛さです。ひどい片頭痛の場合には、頭が痛いだけではなく、吐き気などの不快な症状が一緒に現れることもあります。この不快な症状が起こる原因を探り、対策を考えていきましょう。

 

Q:頭痛と吐き気が同時に起こる原因は?

A:頭痛の中でも片頭痛と呼ばれるタイプは、吐き気と同時に起こる症状もあるようです。強いストレスや眼精疲労などによって引き起こされると言われています。

 

Q:同時に起きた場合の対策は?

A:鎮痛剤を飲むというのが手短な方法ですが、強い光や音などの刺激を避けて薬が効いてくるまで体を休めるのが大切です。車の運転中など鎮痛剤を飲めない場合には、濃いコーヒーを飲むと良いようです。

 

Q:吐き気を伴う頭痛が起きやすい時期は?

A:強いストレスにさらされた時や、長時間のパソコン作業の後、また女性の場合は生理の周期などによっても起きやすい時期があるようですから、片頭痛持ちの肩は頭が痛くなった時間帯やどういう状況で起きたのか(長時間の会議の後に起きた等)を日記にして残しておくと医師に相談する時に役に立ちます。

 

  1. 病気 頭痛 吐き気
    慢性的に頭の痛みが続く、吐き気やたまに我慢できないような痛みに襲われるという場合には、危険な病気が隠されているかもしれません。定期的に健康診断は受けていても、お金もかかるし詳しい検査をしていないという方は注意をしましょう。頭痛が起きる怖い病気には、脳梗塞やくも膜下などがあります。いつもと違って割れるような痛みや吐き気が伴う場合には、放っておかずに病院で検査を受けるようにしましょう。
  2. 肩こり 頭痛 吐き気
    パソコン作業や細かい作業を長時間続けると起こる肩こりも、頭が痛くなる原因になります。肩や首の筋肉が緊張すると頭に流れこむ血流が悪くなることが原因で起き、頭の痛さと吐き気が伴う場合もあります。肩や首回りの筋肉をつける、温めて血行を促進するなど対策をしましょう。
  3. 病院 頭痛 吐き気
    風邪をひいた時、疲れた時などによく起こるのが頭痛ですが、慢性的なタイプは放ってそのままにしておくと仕事や生活に支障が出て厄介です。最近では、専門の外来がある病院も増えてきたので、何年も鎮痛剤に頼っている方や慢性的な頭の痛さに悩まされている方は訪れてみてはいかがでしょうか。

 

  1. 微熱 頭痛 吐き気

微熱が伴う頭の痛さや吐き気が続く原因は、様々な病気が考えられます。脳炎や感染症などの病気の場合もありますし、自律神経失調症やうつ病などの精神の病気の場合にも微熱と頭痛、吐き気が伴うケースがあります。原因がわからないとどこの医科を訪れたら良いのかわからないかもしれませんが、まずは病院の頭痛外来を尋ねて原因を探っていきましょう。

  1. 生理前 頭痛 吐き気

女性は生理の周期によって免疫が下がって風邪をひきやすくなる、体調が崩れる、頭が痛くなるなどの症状が出てくる方もおられます。月経前症候群(PMS)と呼ばれる、生理の前1週間ぐらいから現れる不快な症状の中にも、吐き気、精神の落ち込み、胸の張りなどとともに頭が痛くなるという方もおられます。生理前の月経前症候群の対策には、漢方薬やピルなどが処方されることがあります。

 

<< 定期的におこる頭痛は頭痛日記を>>

仕事に育児に人間関係と強いストレスにさらされる現代人には、鎮痛剤が手放せないという方も多いかもしれません。頻繁に起こる頭痛も、起こった日時や状況を記録していると、ある一定の条件の元で頭が痛くなるという状況が見えてくるかもしれません。定期的に頭痛が起こるという方は、日時や起こった状況を記録しておくようにしましょう。

 

タグ :     

頭痛   コメント:0

1 2 3 14